景観計画区域 | 日本から世界へグローバルな物件情報を発信し続けます。【 REALTOR-J 】

REALTOR-J

不動産用語集

不動産用語の基礎から専門用語まで、わかりやすく解説いたします。

景観計画区域ケイカンケイカククイキ

景観行政団体が策定する景観計画で定められた区域のこと。

景観計画区域では、行為の制限に関する事項として、建築物・工作物の形態意匠の制限、建築物・工作物の高さの最高限度または最低限度の制限、壁面の位置の制限または建築物の敷地面積の最低限度などのうち必要なものが定められている。

景観計画区域内で次の行為をするときは、30日前までに景観行政団体の長に届出を行なうことが必要である。

1.建築物の新築、増築、改築もしくは移転、外観を変更することとなる修繕もしくは模様替または色彩の変更

2.工作物の新設、増築、改築もしくは移転、外観を変更することとなる修繕もしくは模様替または色彩の変更

3.開発行為その他政令で定める行為

4.良好な景観の形成に支障を及ぼす恐れのある行為として景観計画に従い景観行政団体の条例で定める行為

頭文字から探す

ジャンルから探す

フリーワードから探す

PAGE TOP